末期がんの患者さんに抗がん剤治療をする事に抵抗があります・・・。ドクターに抗がん剤が必要と言われれば、患者さんは素直に受ける方が多いですよね・・・。苦痛が増すだけの場合も多いですね。

末期がんの患者さんに抗がん剤治療をする事に抵抗があります・・・。ドクターに抗がん剤が必要と言われれば、患者さんは素直に受ける方が多いですよね・・・。苦痛が増すだけの場合も多いですね。

pixta_4180955_S.jpg
うちの病棟には、癌の患者さんや白血病の患者さんが沢山います。

毎日点滴の準備と一緒に抗がん剤も準備するのですが、抗がん剤治療に対して、正直抵抗があるんです(;´Д`A

抗がん剤は、がん細胞のように速く増殖する細胞を殺す目的で使用されます。

しかし、正常な細胞の中にも速く増殖するものがあるため、その正常な細胞も抗がん剤の影響を受けるのです。

この抗がん剤を使うと、患者さんは、高熱や嘔吐、脱毛、全身の倦怠感などの症状が出るんです>_<

白血球の減少や血小板も減少するため、感染症にかかりやすくなったり、出血傾向が強くなり、それによって命を落とす人もいます。

食欲が落ちて、全身状態が悪くなっている患者さんにとって、健康な人がかかってもたいしたことのない感染症が命取りになることもあるんです( ;´Д`)

抗がん剤を使用することにより、骨髄への影響、粘膜や生殖器、毛根への影響も大きいんですよね。

また、心臓や腎臓、膀胱、肺、神経系にも副作用がみられることがあります。

このような副作用があることを説明されると、患者さんは不安をもちます。

しかし、医者に抗がん剤が必要だと説明されたら、受け入れるしかありませんよね(・_・;

抗がん剤の副作用は、投与直後だけではなく、人によっては数ヶ月、数年と残ることがあるんです。

だから、抗がん剤を投与されてから酷く体力が低下するのが目に見えてわかる患者さんもいます。

癌での辛さは、癌そのものの苦痛ではなく、このこの抗がん剤による副作用が一番酷いとも言われますよね(;´Д`A

それなのに、効果がほとんど見られず苦痛だけ残ることもあるんです。

実際、医者が癌になったら、抗がん剤は使いたくないという医者がほとんどだそうですね。

しかし、医者が使いたくない抗がん剤を、医者は患者さんにすぐ使いなさいと説明する。

これはなぜなんでしょうか?

これだけ、医療が進歩していると言われていても、癌で亡くなる患者さんは増える一方...。

果たしてこんな高額の抗がん剤は必要なのか?

私が癌になったら、やはり抗がん剤は使いたくありませんね(。-_-。)

人の免疫力が癌にも影響するのに、免疫力を下げる抗がん剤など使いたくない。

本当に癌に効く特効薬が早く開発されるといいですね...(u_u)

2014年12月11日|