医療者側の都合で左右される患者さんたち。患者さん主体の医療はまだまだ実現していません。

医療者側の都合で左右される患者さんたち。患者さん主体の医療はまだまだ実現していません。

病院で看護師として働いていると、色んな面で矛盾を感じたり、疑問をいだくことがあります( ;´Д`)

外来では、具合が悪くて受診しているのに、何時間も待たされ朝から夕方までかかって、やっと入院となる患者さん(-。-;

ほんの30秒ほどの診察で、聴診や診察もせず、検査データだけで、内服処方がされます(・_・;

しかも、ありったけの薬が処方され、こんなに飲む必要があるの⁇と驚いてしまいますヽ(´o`;

待ち時間は、入院が必要なほど具合が悪いのに、看護師に声をかけようにも、「みなさん待ってますからお待ちください」の一点張り(´・_・`)


病棟では、業務が多く、患者さんと関わる時間がほとんどないため、ナースコールの対応もままならないですよね(;´Д`A

入院する患者さんは、自分で体を動かせいストレスや、体調が悪いことから不安など大きい状態があります。

そんな状態なのに、ナースコールを押してもすぐ来てくれない、態度が威圧的な看護師がいる...とさらにストレスも増えます(T ^ T)

また、ドクターも様々な人がいますから、患者さんの声に耳を傾けることもなく、指示だけ出されるドクターもいます(・_・;

むしろ、余計な事を言うと機嫌が悪くなるから、思ったことも言えない...なんていう患者さんも多くいます(T ^ T)

外来にしろ、病棟にしろ、患者さんの意思が尊重されたり、患者さん主体の医療ってなかなか見られませんね。

医療従事者にある人が、患者の立場に立ってみて、初めて患者さんの気持ちや思いがわかるのかもしれませんね;^_^A

本来、患者さんとの信頼関係を築き、その信頼関係の中、医療が行われる事が基本にあります(´・Д・)」

しかし、看護師などの今の医療現場において、それは理想なだけ。
現実の医療現場は、これでいいのか⁈って思うことが多いですね(T ^ T)

2014年2月12日|